【オーバーウォッチ】新ヒーロー「レッキングボール(ハモンド)」を徹底解説!

今回はPTR(Public Test Region)にて解禁された新しいヒーロー「レッキングボール」の基本性能について書いていきたいと思います。現時点でのPTRにおける性能となりますので、ライブサーバーにこのヒーローがリリースされた時には性能が多少変わっていると思うのでご了承ください。

基本性能

role:tank
HP:500
armor:100
しゃがみモーション無し

クアッドキャノン

威力:5
弾数:80
リロード:1.5秒
ヘッドショット判定あり
ヒットスキャン(即着弾)
距離減衰あり
拡散値あり(真っすぐ飛ばない)

メリット

・近~中距離での火力が非常に高いです。
・拡散値はあるものの近~中距離だとそこまでばらけず、さらに即着弾するので非常に扱いやすいです。

デメリット

・遠距離では弾の拡散値と距離減衰が激しく、火力をほとんど出すことが出来ません。
・連射力に対して弾数が非常に少なく、リロードが頻繁に起こります。
・弾の一発当たりの威力は低いのでアーマーが多いヒーローには火力を出しづらいです。

使い方

・この武装は近~中距離での火力が一番出やすいので、ある程度近づいてから打ち始めましょう。
・ヘッドショット判定があるのでしっかり頭を狙いましょう。
・バリア系武装に対してはリロードと弾数の都合上そこまで火力が出るわけではありません。遠距離では打ち続けるよりも、火力が出やすいポジションを取りに行った方が良いです。

ロール

特殊な移動スキルなので、効果時間や威力はありません。丸まった状態に移行し、スピードが速くなります。

メリット

・切り替え式のアビリティでクールダウンがありません
・ロール状態だと移動速度50%アップ、自身へのヘッドショット判定がなくなります。
・リロードが開始されてからロール状態になることによって、ロール状態でもリロードは完了されます。
・ロール状態では常に3人称視点になります

デメリット

・ロール状態ではメイン武器が打てない、リロード不可、近接攻撃が出来ません。
・ロール状態でアダプティブシールドを使うとロール状態が解除されます。

使い方

・弾を打っていない状況では基本的にロール状態で動くのを意識しましょう。
・特にリロードの時はリロードが完了するまでロール状態になることによって、立ち回りの補強と、ヘッドショットのダメージを抑えることが出来ます。
・ロール状態でアダプティブシールドを使うとロール状態が解除されてしまうので気を付けましょう。

アダプティブシールド

効果時間:7秒
クールダウン:15秒
シールド獲得量は周囲の敵ヒーローの数によって変動
シールド獲得量は100+100n、nは周囲の敵ヒーロー数
ルシオのサウンドバリアと同じくこのシールドを攻撃してもultゲージが増えない
ソンブラのEMPで無効化される

メリット

・敵が6人いる状態だと1300まで体力が増えるので単純に硬いです。
・効果時間も7秒あるので申し分ないです。
・さらに一番の強みとして、敵がこのシールドを削ってもultゲージが増えないという仕様があります。

デメリット

・効果時間を鑑みても非常にクールダウンが長いです。
・敵が周囲にいない場合だと100しか体力が増えないため、発動タイミングは考える必要があります。
・周囲の敵の数の判定がそこまで広くありません。

使い方

・体力が減った状態でこのアビリティを使えば先にシールドが削られ、ヒールできる猶予が生まれるので、体力が少し減った状態から使うのがベストです。
・大体、周囲に2、3人いれば十分な効果を発揮することが出来ます。あまり大人数での効果を狙いすぎると逆に体力が削られすぎてしまうので気を付けましょう。
・このアビリティが無い状態の「レッキングボール」は非常に脆いので、常にクールダウンは管理しておきましょう。

グラップリング・クロー

このヒーローの根幹を成すアビリティ
クールダウン:5秒
距離約:15m
一定以上の距離を進むと速度が上昇する
体にエフェクトが出てる状態がMAXスピード
MAXスピード中は接触した敵に50ダメージ+ノックバック
地面には引っ掛けられない

メリット

・使いこなせれば立ち回りに非常に応用が利きます。
・単純にMAXスピード時の機動力が高いです。
・ノックバックも優秀で環境キルも狙いやすいです。
・敵が拠点に入らざるを得ない状況で拠点などでぐるぐる回り続けているだけでとんでもない制圧力をほこります。

デメリット

・操作が非常に難しいです。マップを把握したりオブジェクトを上手く使えなければ最大限生かすことが出来ません。
・引っ掛けてる最中はどの行動もできず、どのアビリティも使えません。

使い方

・まずは操作に慣れましょう、操作の難易度的にはタンクだとダントツ1位で全ヒーローを見てもかなり習熟が必要とされる部類です。
・基本的には後述のパイルドライバーと合わせたコンボのために敵の後衛の頭上を取るために使います。
・その他、高台を制圧したり、素早く逃げる、ノックバックによる環境キルを狙う、などがあります。
・まだまだ研究段階なのでなんとも言えませんがこのアビリティが秘めるポテンシャルは非常に高いです。

パイルドライバー

クールダウン:10秒
範囲:半径約7m
空中かつ一定以上の高度でのみ使用可能
高度は玉2個分あれば発動可能
玉を中心に100ダメージ(距離減衰あり)+ノックアップ

メリット

・ノックアップというのが非常に強いです。ブリンクスキルを持たないヒーローは打ちあがってから地面に着地するまで左右に移動がほとんどできません。
・単発火力も100と高めでさらに範囲攻撃なので、多数の敵を巻き込めます。
・高度は必要ですがペイロードなどのちょっとした段差からジャンプすることですぐさま発動できます。

デメリット

・クールダウンが長めです、必中を心がけましょう。
・距離減衰が大きめに設定されており、少し離れるだけで著しく火力が落ちます。敵の真上で発動できるようにしましょう。
・一度発動してしまうとキャンセルが出来ないので、勢いあまって奈落に落ちないようにしましょう。

使い方

・とにかく狙った相手の真上で発動することが大事です。
・発動直後一瞬溜めがあり若干クセがあるアビリティなのでこちらも要練習です。

マインフィールド

威力:130
個数:15個
自身を中心として半径6mに地雷をばら撒く
ばら撒いて約2秒後に触れた敵に反応して爆発する
持続時間:20秒
破壊可能で体力は1個50
空中でばら撒くと地雷同士の間隔が広がる
最大で半径10mほどまで広がる

メリット

・広範囲に地雷をばら撒け、持続時間も長いのでエリアの制圧に高い力を発揮します。
・1個130という非常に高い火力を有しています。
・さらに空中でばら撒くことにより範囲を広げることができ、逆に狭い空間で出すことにより地雷同士の間隔を狭めることが出来るなど、研究次第で応用も利かせることが出来ます。
・ultを発動した直後から次のultが溜まり始めるので、ultの回転率が他のヒーローよりも若干速いです。

デメリット

・破壊可能で体力も50しかないので、範囲攻撃で一瞬で壊されてしまいます。
・ばら撒いてから約2秒ほど、起爆までにラグがあるので即効性はないです。早めに発動しましょう。

使い方

・空中でult発動→パイルドライバーでノックアップのコンボを当てることによって、起爆までの時間を打ち上げることが出来るので、回避しづらい攻めを行うことが出来ます。
・乱戦中にペイロードや拠点内にばら撒くだけでも、かなり効果を発揮します。
・他のヒーローとのult合わせも非常に強力です。特にザリアとハルトとは高いシナジーを発揮します。

今回は武装それぞれの性能と基本的な使い方を紹介しました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。