【今が旬】バトルロイヤルゲーム10選!ピンからキリまで紹介

明暗分かれるバトルロイヤルゲーム。

脂の乗った流行りものと、ちょっとした手違いで崖下へ滑り落ちてしまった落伍作、心意気の感じる珍作。

玉石混交とも言えるこのジャンルは、ゲームそのものの生き残りを賭けた開発会社の戦場—バトルロイヤル—と化していた。

本記事では天に羽ばたく名作や、今にも消え入りそうな迷作、爪痕を残した珍作まで10作品を紹介していくッ!

Apex Legends

公式Twitter

『Fortnite』や『PUBG』を超えるバトルロイヤルは、恐らく今後二度と出ることは無いと思っていた。しかしその認識は間違っていたようだ。
『Apex Legends』エレクトロニック・アーツとRespawn Entertainmentが世に送り出したこのバトルロイヤルは、一週間で2500万人が動員され、同時接続は200万人以上というゼウスもびっくりのモンスタータイトルと化した。

キャラクター毎に超能力又はアビリティを保持しており、何のキャラクターを使用するかで分隊のプレイスタイルが変わるというのが特徴である。アビリティは広い範囲に影響を与える迫撃砲から、チームを別地点へワープさせるテレポートまで幅広いギミックが用意され、ハードSFとファンタジー要素を掛け合わせた世界観を形成している。

また従来のバトルロイヤルゲームの欠点であった「仲間内で死んだプレイヤーは、試合が終わるまでずっと観戦モードで待機する」という部分に対して、リスポーンシステムを導入するという解答を『Apex Legends』は用意した。このリスポーンシステムが抜群の効果を発揮し、従来のバトルロイヤルでは限界のあった「テンポあるゲーム進行」「積極性のあるプレイ」を自然とプレイヤー側から引き出すことに成功した。
リリース一週間の時点で大規模な招待制大会も開催されており、今後のeスポーツシーンに大きく爪痕を残し得るダークホースタイトルとして全世界から注目を浴びている。

一体だれがOriginからこのようなスーパービッグタイトルが生まれることを予測できただろうか……。

Fortnite

公式Twitter

言わずもがな、世界中で圧倒的な人気を誇るバトルロイヤルゲーム。

建築による見応えのある対人バトル、他のゲームには類を見ないアップデート頻度とその充実した内容、そして各国の有名人や映画とのコラボ企画。ゲーム内だけに留まらないその活動範囲は、正にバトルロイヤル界の寵児と評しても過言ではない。

ゲームシステムもバトルロイヤルにおいては異色のアップデートを実施しており、例えば空を飛んだり、ワープしたり、壁にランチャーを発射して某コミックヒーローの如く縦横無尽に飛び回ったりと、自由な発想でシーズン毎の『フォートナイト』を創り出している。

2019年からは高額賞金を賭けた世界大会を開催しており、その動向には全世界が注目しているビッグタイトルだ。

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS

世界中でバトルロイヤルゲームが大流行するキッカケとなったのが、正にこのゲーム。全世界で大ヒットし、バトルロイヤルゲームの代名詞とも称される金字塔である。

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(以下、PUBG)の開発元は競技シーンを非常に重要視しており、各国の国内大会の整備、世界大会の開催、またプロシーン・プロチーム・プロプレイヤーの育成にも多大な熱量を注いでいる。

国内ではDMM GAMES主催の「PUBG JAPAN SERIES(PJS)」が国内競技シーンの担い手であり、Class1の試合となると100名以上の選手やチームスタッフが一堂に会してドン勝を競い合う空前の大規模大会となっている。国内大会で本格的なバトルロイヤル系のeスポーツを見たいなら、『PUBG』以外にあり得ない。

Zeus’ Battlegrounds

公式Twitter

古代ギリシア人を操作し、近代兵器も、ピストルも使用せず、己の拳と古代武器を使用して行われるギリシア神話風バトルロイヤルゲーム。

最初は天界に浮かぶゼウスの神殿にてリスポーン。筋骨隆々のギリシア人が多数闊歩するロビーフィールドを目の当たりにするだけで、他のゲームには無い独自の世界観にガツンと中てられるはずだ。

この神殿はあくまでロビーのような場所であり、カウントダウン後に神殿の外へ自分から出ると「ビガァン…」というゼウスの雄々しい声と共にバトルロイヤルが開始する。

だがカウントダウンが終わっても神殿から降りず、のんびりとゼウスの周りで戯れていると……。

ゼウスの怒りと共に白い爆発が起こり、強制的に「ビガァン」という声が鳴り響きバトルロイヤルがスタートする。ギリシア神話におけるゼウスの意思は絶対なのだ。

何故か神殿から落ちるときは隕石のような見た目で落ちていく古代ギリシア人。

道中宝箱を拾うこともできるが、宝箱一つ空けるのに10秒かかってしまう妙にリアルな趣向。

随所に散りばめられたこだわりのグラフィックやゲームシステムは、恐らく賛否両論出てくるとは思うが、とりあえず最後の収縮まで生き残ってみてほしい。

そこで繰り広げられる戦いは、正に血みどろの泥試合。生き残りをかけ、ちょっとした飛び道具を使いつつも、斧や剣をフィーリングのままにぶん回す。そうした訳のわからぬ世界観をくぐりぬけ、最後の剣戟戦を勝ち抜いた暁にようやく表示されるのは「YOU ARE WORTHY(あなたには価値がある / おまえ使えるな)」とまさかのゼウスの顔写真。顕示欲が非常に高い。

古代ギリシアを舞台にした尖ったバトルロイヤルゲーム、触れてみてはいかがだろうか。競技性にはそこまで期待しないでいただきたい。

Last Tide(旧名:King Tide)

公式Twitter

深海で人間同士が戦うという、思いつきそうで思いつかなかった斬新な舞台設定のバトルロイヤル。実は前身のゲームとしてDepthという人間4人対サメ2匹の非対称形対戦ゲームがあり、その流れを汲んだ後継ゲームである。

武器は海中で使えるようにカスタマイズされており、全てが海なので移動できる範囲が非常に広く、豊かな海中のビジュアルはバトルロイヤルゲームに似つかわしくないほどの美しさを誇り、レビューも好評……なのだが。

・有料のゲームとしてリリース。

・基本的なゲームシステム(ルールや武器など)が普通のバトルロイヤル。

・テーマのサメがパルス役なので、あまりにも影が薄い。

というやらかしを経て、同時接続が100人程度になってしまうという悲劇を迎えた作品。

現在はアップデートでサメの存在感が増し、またフリーウィークエンドで無料プレイキャンペーンを行ったりと頑張ってはいるものの、もはや形勢逆転は厳しいか……。サーメン。

編集部一押しのバトルロイヤルゲームである。サメ映画好きにはオススメ。

Realm Royal

公式Twitter

ファンタジーをメインテーマとしたバトルロイヤルゲーム。驚くべきことに、一時はフォートナイト以上の人口を擁していた。このゲームに関してはご存知の読者も意外と多いのではないだろうか。

魔法・スキルと武器を使ったバトルロイヤルゲームであり、王道的な面白さが光りつつも、同ジャンルの他のゲームとの差別化も図っている野心的なゲームだ。クラス制を上手く導入している部分も特徴的ではあるが、特にゲームとして独特な色を出しているのはキャラクターがやられた時にダウンするのではなく、「ニワトリ化」することだろう。

ニワトリに変身したプレイヤーは攻撃もスキルも使うことがままならず、「コケェ~」という鳴き声と共に逃げ回ることしかできなくなる。その姿は情けない限りだが、一応その状態で一定時間逃げ切ると再度また復活できるので、プレイヤーは死に物狂いで逃げ回る。こういった他には無い遊び要素を取り入れた、期待感大のゲームだったのだが……。

リリース直後のサーバー不足問題、頻繁かつ極端なバランス調整もあってか、徐々にプレイヤー人口を減らし、現在は先細りのゲームと化してしまった。

果たしてここから這い上がれるか。もう既に手遅れ感満載だが、頑張れ『Realm Royal』。

Surviv.io 2Dバトロワゲーム

公式Twitter

『Surviv.io』を遊ぶならこちらから

バトルロイヤルゲームを2Dでやりたい!
しかもブラウザでお手軽にプレイしたい!
『Surviv.io』は、そんなワガママゲーマーに捧げられる唯一無二のブラウザ型本格2Dバトルロイヤルゲームである。

このゲームの最大の特徴はマッチングの速さであり、その一点においては他の追随を許さない。大体10秒かからずどこかの部屋にぶち込まれ、さあ楽しんでみろとばかりにいきなりマップのどこかへ放り出される。正にお手軽設計。この際ゲームバランスは無視してほしい。そこを気にしてはダメだ。

上空を飛ぶ飛行機から補給物資が届いたり、スコープを使えば敵の視野外から攻撃出来たりと、ゲーム自体はしっかりとバトルロイヤルしているので、時間が空いた時に触ってみてはいかがだろうか。ちなみに意外と1位を取るのは難しいのでご注意を。(公式トレーラーが21killして地味にドヤ顔を決めているが、やってみると結構難しい。)

Call of Duty: Black Ops 4

公式Twitter

9月にベータが実施された本作の「Blackout」モードは、『Call of Duty』(以下、CoD)シリーズ初となるバトルロイヤルモードである。ベータ時には全世界でプレイされたが、かなりの好評を博すことに成功した。スピード感のあるキャラクター移動と、『CoD』シリーズの操作感覚を受け継いだ後継タイトルということで、バトルロイヤル界における期待の新星そのものだ。

これまで紹介してきた自己顕示欲の強い絶対神だとか、安全エリアの外にしか登場しないジョーズもどきだとか、何故かニワトリになってしまうとか、そんなちょっと外角ギリギリを攻めるゲーム達とはまるで違う。王道を行く「Blackout」は、他の競合タイトルの中でも際立っており、プレイヤーからも業界内からも無視できない存在になることは間違いないだろう。

具体的なゲーム内容はオーソドックスなバトルロイヤルだが、マップのそこらかしこにゾンビが配置されており、プレイヤーに対して無差別に攻撃を仕掛けてくる。これはバトルロイヤルゲームにありがちな、アイテム探しの時にどうしても暇な時間が増えてしまうという欠点を、ゾンビによってある程度緩和しているという寸法だ。

2018年10月12日(金)発売ということで、本記事では最も新しいバトルロイヤルゲームとなるが、『CoD』シリーズにおいて最高傑作となりうるかもしれない。正に大本命の作品だ。

Isle of Nyne

公式Twitter

『SFバトルロイヤルの代名詞』……になりそうでなれず、ゴーストタウン化の憂き目にあった悲劇のバトルロイヤルゲーム。近未来を舞台にスピード感のあるバトルと、一撃必殺に近い緊張感のある撃ち合い、そしてどこに降下してもアイテム差ができないような”フェア”なバランスを追求したゲームシステムをユーザーにアピールしていたのだが、いくつかの欠点により息も絶え絶えな現状に追い込まれてしまった。

まず”フェア”な装備が揃うように、どこに降りても一定のアイテムが手に入るバランスに調整されているのがミソなのだが、逆にそれが仇となった。勘の良い読者なら分かるかもしれないが、要は毎回同じ装備になってしまうのだ。しかもそれは他人も同じ。最終的には全員が同じような装備となり、毎回同じような相手・同じような展開ばかりが繰り返されるという状態に収束してしまった。プレイヤーからしたらどうしても『飽きやすいゲーム』となってしまう。

またキャラクターのグラフィックに違和感があったり(姿勢が常に緊張しており、骨格が現人類と違うような見た目)、最大50人マッチングのため敵と出会えない時間が多かったりと、「なぜそうなった」と感じてしまうような部分が多かった。

そこにトドメのパンチとして、有料ゲームとしてのリリースだ四六時中対戦相手に困らず、ゲームシステムのバランスも取れ、サーバーも快適な無料バトルロイヤルゲームがある中で、”有料”ゲームに求められるハードルは相当なものとなる。粗削りな部分が目立ってしまった『Isle of Nyne』、人が離れてしまうのも致し方ないか。
現時点では同時接続100人未満のゲームとなってしまい、敢え無く撃沈。今後また浮上する日はやってくるのだろうか……。

Battlerite Royale

公式Twitter

今までになかったMOBA系バトルロイヤルゲーム。レベル制とアイテム制が複合しており、キャラクターをいかに成長させていくかがポイントとなる。しかも相手を倒すことでレベルやアイテムが成長/購買することができるようになるので、バトルロイヤルゲームにありがちな消極的なプレイ(誰とも接敵せず、最後の一人になるまで戦わない等)だけでは1位を取ることが非常に難しいゲーム設計になっている。こういった設計のお陰で、いわゆる「ファーム時間」が他のバトルロイヤルゲームに比べて少なく、最後まで積極的なプレイが求められる。

また最近の有料バトルロイヤルゲームの中では珍しく人口が多く、しかも1試合のプレイ人数が30人なので、マッチングには困らない。

将来は無料化することが明言されており、今後の動きに注目していきたいゲームである。

まとめ

以上様々なバトルロイヤルゲームを10作ほど紹介した。

世界で流行っているバトルロイヤルゲームだが、1試合に必要とされる最低プレイヤーの人数が多い故に、人口が少ないゲームではゲームそのものが成り立たない。

従来のゲームジャンルは人がある程度離れてもギリギリ成り立つような人口感をベースにしたオンラインゲームばかりだったが、バトルロイヤルゲームではそうもいかず、コケたゲームは誰も遊ばなくなってしまうのである。

「悲しいゲームだ」とか「バトルロイヤルゲームはどうかしてる」とか「情緒が無い」とか、そんなことを言いたいのではないし、正直どうだっていい!!

つまり! 気になるバトルロイヤルゲームがあったら今すぐ触った方が良いということだ! 手遅れになってからでは、楽しむことすらできなくなるのだから!