『アイドル伝説えり子』の概要・あらすじ・登場人物まとめ

『アイドル伝説えり子』(1989年4月3日~1990年3月26日・全51話 / TV放送)

~運命の荒波に弄ばれる少女の成長伝説~

1980年の後半、特に1986年~1989年までの4年間は、地上波放送で新作の魔女っ子アニメは一つも存在しない(リメイク作品はあったものの)という、 まさに魔女っ子アニメにとって冬の時代とでもいうべき期間でした。ですが、このような時代にも少女向けアニメの系譜は細々と、しかしながら連綿と 続いていました。その中で特に注目すべき存在なのが、アイドルシリーズという作品群です。

アイドルシリーズは、言うまでもなくアイドルとアニメのタイアップ作品です。この手の作品というのは手っ取り早いからなのかなんなのか意外と 数が多く、なんだかんだで現在に至るも存在しています。これは遡れば「ピンクレディー物語」などに行き着くのかもしれませんが、やはり 「魔法の天使 クリィミーマミ」 に始まる”ぴえろ魔女っ子シリーズ”と嚆矢とするのが一般的ではないで しょうか。

この”ぴえろ魔女っ子”シリーズが終結して3年後の1989年、芸能プロのサンミュージックと葦プロがタッグを組み、アイドルシリーズの第1弾として 登場したのが「アイドル伝説えり子」(以下「えり子」)でした。

このシリーズを語る際に挙げるべき点は、まず第一にアイドルありきという姿勢が貫かれていることでしょう。

それまでの(そしてその後の)タイアップアニメでは、アイドルが主人公の声をあてる、主題歌を歌うなど前面に出てくる作られているものの、 あくまでアニメが主、アイドルは従という構図になっています。ところがアイドルシリーズではこの方式をさらに一歩押し進め、なんと実在する アイドルと同姓同名の人物がアニメの主人公となり、さらに番組の最後にアイドル自身が(例えば新作シングルなどの)販促活動を行うコーナーが 設けられるという、より徹底したアイドルプロモーション用番組となっていたです。

そして本シリーズのもう一つ面白い点は、アイドルとアニメが 完全分業制 になっていることです。”ぴえろ魔女っ子”では 主題歌を歌うアイドルが主人公の声もあてていましたが、この番組でプッシュされていたアイドル・田村英理子は主題歌を歌うだけでアニメには ノータッチだったです。同様のプロモートは主人公のライバルに田村英理子と同じ東芝EMIに所属していた橋本舞子をあてがう形で行われていますが、 こちらも歌だけでアニメ本編は専門の声優が担当しています。

以上のように書くと、「なんだよアイドルのプロモート番組かよ、駄作決定」、などと思う人も多いかもしれません。

ところがところが。この「えり子」は濃密なドラマを描くことによってアニメ単品として独特のカラーを打ち出すことに成功し、その魅力に現在でもコアな ファンが存在しているのです(かくいう筆者も、その一人)。

では、少しばかり長い前置きになってしまいましたが、以下から「えり子」本編に話を移してみたいと思います。

今でもコアなファンの存在する「えり子」、その最大の見所とは何でしょうか。

もちろん人によって違いはあるかもしれませんが、それでもやはり大時代的な、仰々しすぎるメロドラマ性にあるといってよいのではないかと思います。 様々な書籍で「大映ドラマ的な」と形容されているように、主人公をどん底に突き落として次々と試練を与え、陰険ないじめやライバルとの対立、 様々な運命の荒波に翻弄されながらも、最後には大団円のハッピーエンドに着陸するという内容。最近流行りの韓流ドラマに近いノリといえば、 イメージしやすいでしょうか。

はっきり言えば前時代的。見ているこちらが気恥ずかしくなるような脚本であることは否定しません。

ところが、そんな時代がかった脚本を制作陣は(少なくとも表面的には)何のてらいもなく大真面目に展開し、これでもかとばかりに畳み掛けてくるのです。 いくらなんでもやりすぎだろうと思ってしまうほどの無茶苦茶な演出と相まって、「えり子」の脚本はなんとも形容のしがたい迫力を生み出し、 見る側は次第に過剰すぎるメロドラマのメイルシュトロームへと飲み込まれていってしまいます。

そして「えり子」のメロドラマ性を示すキーワードに 「運命」 があります。

とにもかくにも全ては運命に支配されていることを、作中に挟まれるナレーションが強調します。

えり子のペンダントの鎖が千切れると

「運命の稲妻が、ペンダントを引き千切った!」(第1話)

雨模様になって雷が鳴ると

「運命の稲妻が、えり子の心をかき乱すかのように

東京の冬空を走るのだった!」(第39話)

他にも運命の鼓動、運命のきらめき、運命のトンネル、 果ては 運命の回転軸 (第12話)という日本語として理解に苦しむ「運命」まで登場しています。

なんでもかんでも運命の仕業にしていやしないか?
と心の中で突っ込みを入れてしまったら、その時はもう、あなたは「えり子」の 術中にはまっているのです。

そしてもう一つ、「えり子」を語る上で忘れてはならないのが、滝沢久美子氏によるナレーションでしょう。

しっとりとした声の持ち主である滝沢氏は落ち着いた物腰の大人の女性を演じられることが多く、この「えり子」でも主人公の優しい母親である 美奈子役を演じられています。ところがナレーションでは一転してドスのきいた、魂を振り絞るかのようなおどろおどろしい声へと大変化。

聞いているこちら側が呪い殺されるのではないか と思えるほどのド迫力で、これに対抗できるナレーションは、 自身がホラーである岸田今日子か、無駄に説得力だけはある江守徹かといった高みにまで上り詰めています。

数ある名ナレーションの中でも特に素晴らしいのが第31話のラストのもの。

「長い彷徨いの果て、今、宿命のライバルが目と目を合わせ、激しい火花を散らした。

運命の稲妻は起きつ、これから始まる二人の壮絶な戦いに歓喜の声を手向けた。

濁流は喜びに舞い、清流は姿を消した。

地は裂け、炎が笑い、安らぎは凍りついた。

この嵐渦巻く宇宙で、えり子は何を失い、無くしていくのか。

そして一体、どんな希望をつかむことができるのか。

それは、誰にも分からない…」

ここまでくると、意味不明だとツッコミを入れるのが無粋に感じられます。

先にも書いたように時代がかった脚本と演出のおかげで、ただでさえ異様な雰囲気を表出しているのに、それに追い討ちをかけるかのように ナレーションで煽り立てるわけですから視聴者は堪りません。異様の二乗が生み出す世界は唯一無二、他のアニメでは絶対に体験できないものとなっています。

あまりまとまりのない文章になってしまいましたが、「えり子」の凄まじさが少しでも伝われば幸いです。DVDやLDなどソフト化がされていますし、 時折ケーブルテレビなどで再放送されることもありますので、機会があれば是非ともご覧下さい。

追記:「えり子」の主人公・田村えり子を演じるのは、「クレヨンしんちゃん」の主人公・しんのすけ役で知られる矢島晶子氏。この作品が実質的な デビュー作品だったというだけあってか妙に初々しい演技で、それが作中のえり子とマッチしています。声質も現在と違っているので、そのあたり にも注目してご覧になると面白いと思います。

~「アイドル伝説えり子」 登場キャラクター紹介~

ここからは「えり子」の主な登場人物の紹介に移ります。

田村えり子

本編の主人公。芸能プロの社長・田村雄介と元人気歌手・美奈子の間に生まれた一粒種で、血の為せる業なのか 類稀な人をひきつける力と天性の歌唱力を持っている。

性格はおおらかで、どちらかというと楽天家。裕福な家庭で何不自由なく育ったせいか、お嬢様気質が抜けない場面が見受けられるが、 数々の苦難を乗り越え、そして何よりも自分と正反対の境遇を過ごしてきたライバル・朝霧麗との出会いを経て、人間的にたくましく 成長を遂げていく。

朝霧麗

えり子の最大のライバルとなる、人気・実力を兼ね備えた女性ロックシンガー。えり子の父である田村雄介に素質を見出され、 不断の努力の末に現在の地位へと上り詰めた。他者に厳しく、それ以上に自らに厳しいが、本当は心優しい女性。

両親を知らずに成長したため、雄介の中に父親を見ていた。それだけに実子の田村えり子に対しては、素質を認めながらも強い ライバル意識を持っている。彼女の出生に関しては隠された秘密があるらしいのだが…。

田村項介

田村えり子の伯父で、雄介の兄にあたる(とは思えないほど顔は似ていないが…)。第2クール目までにおける、影の主人公とでも 呼ぶべき人物。

当初は弟の経営する田村プロの専務として働かせてもらっており、人徳家だった雄介と比較して愚兄賢弟と蔑まれていた。 その反動からか、雄介の死後は強引な方法を使って田村プロの実権を掌握し、姪・えり子を破滅させようと事あるごとに魔手を伸ばしてくる。 朝霧麗の母親・良子とは浅からぬ因縁があるようだが…。

内田真也

内田プロダクション社長。田村雄介とは古くからの親友で、えり子も内田の伯父様と呼んで親しんでいた。一樹という一人息子がいる。 性格は温厚で、少し甘さが見られなくもない。

えり子の持つ歌手としての天性の才能にほれ込み、田村項介の罠に陥りかけている彼女を救うため、自分のプロダクションに引き抜いて 歌の道へと導いた。えり子の最大の支援者といっていい人物である。

阿木星吾

ロックバンド「STEEL」のリードヴォーカル。甘いマスクの持ち主ということで当然のように女性ファンが多く、プレイボーイな性格を している。だが、歌手としての才能は本物で、派手な言動とは裏腹に歌に取り組む姿は非常に真摯である。

朝霧麗とはシンガーとして互いに認め合っており、男女の仲にまで発展しているようなところを匂わせているが真実ははっきりとしていない。 えり子の初恋の相手でもあるようだ。

大沢洋

朝霧麗の母・朝霧良子によって見出された謎のシンガー。サックスを片手に歌いまくるという謎のパフォーマンスもさることながら、 野生の雄たけびをベースにした歌唱はえり子や麗のそれを遥かに凌駕するもので、オーラを漂わせながら聴く者を 圧倒する迫力のステージで魅せる。

放浪癖のある人物らしく、良子に従っているのも面白そうだからというだけの理由による。また、動物とコミュニケーションをとる才能が あるようだ。

アーサー・ハワード

世界に名を轟かせる大物プロデューサーで、第3クール目の最重要人物とでもいうべき存在。

革新的なミュージカル「ロックンルーツ」の開催を計画し、その主演女優候補を探そうと世界中を廻る。日本を訪れた際にそこで出会った、 えり子と麗の中に才能のきらめきを見出した。

初登場シーンのインパクトが強烈で、変な人という印象が強い。

中田靖子

えり子の助力者の一人。えり子とは聖愛女学院の先輩後輩という間柄。元水泳部のキャプテン。大金持ちのお嬢様でありながら、普段の 言動はかなり粗暴。竹を割ったような性格で、困った人間を目の前にすると手を差し伸べずにはおれない、まさに姉御肌の人物である。

無類のバイク好きで、ライダースーツ姿でいることが多い。また格闘技にも優れており、テコンドーの腕前は本場仕込みらしい。