トゲキッス対策

トゲキッス 種族値:HP85  攻撃50  防御95  特攻120  特防115  素早さ80

タイプ:ノーマル・飛行 特性:天の恵みまたは張り切り

凶悪ポイント

DPにてトゲチックが進化した、手が無いのに気合いパンチが使えるポケモン。

トゲチックというマイナーなポケモンの進化系だが、進化前とは天と地の差がある程強力、凶悪になった。

まずHP防御が若干、特攻特防が相当高め。この時点でかなり恵まれているが、さらにある技と特性で相当凶悪さが増した。

それはエアスラッシュと天の恵みである。エアスラッシュはもともと30%の確率で相手を怯ませる。

しかしトゲキッスの特性天の恵みは技の追加効果発動率を2倍にする特性。したがって60%となってしまう。

さらにサブウエポンに波動弾や大文字(火炎放射)など、飛行タイプが苦手とする鋼、岩をも粉砕するものを備えている。

トゲキッスより早くても電磁波をされると麻痺による痺れ確率も入り、かなりの確率で動けなくなってしまう。

砂隠れガブリアス等はまだ発動確率が低いし、運ゲーを軸にしたガブリアスはほとんど見ないが、トゲキッスはそのまま運ゲーを軸にしている。

強力なのは言うまでも無く、運ゲーだけで何体も何体も持ってかれてしまうことも少なくない。

ではこの超強力ポケモンをどう対策するか。

①ランターンで流す

特防特化ランターンで流す。ランターンならエアスラッシュを半減できる。

さらにこちらは10万ボルトで弱点をつくことができるし、電磁波を入れてやれば怯み凶悪作戦もシャットアウトできる。

もちろん相手はほとんどの確率で入れ替えるので電磁波やどくどくなどの交代読みを入れてやればいい。

②電気で流す

ランターンとちょっと被るが、電気タイプで流すと効果的。

また、電磁波が効かない電気タイプがお勧め。サンダースやエレキブルである。

ただ、相手が確実にエアスラッシュを出してくるような状態ではないと波動弾等で大ダメージを受ける可能性も。

トゲキッスはステルスロックに弱く、4~5回踏ませればダウンするため流しは重要。

③技を呼んで出し、流す

トゲキッスは大体エアスラッシュ、波動弾、大文字、電磁波を放ってくる。

そのため自分の今の場のポケモンを見て、次に何を打ってくるかを考え、相性のいいポケモンをぶつけて対抗する。

例えばこちらがピクシー、相手がトゲキッスの場合、波動弾辺りが来ると予想できる。

とにかく電磁波に注意して的確にトゲキッスより早くトゲキッスに大ダメージを与えられるアタッカーを出せば相手は流れる。

例えば大文字読みでスターミーを出せば状況にもよるが相手は流れる。こうやって何度も流していくといい。

トゲキッスはタイプ相性的にあまり後出し範囲が広くないため、基本的にトゲキッスが最後まで残ることになる。なのでこちらもトゲキッスに勝てるポケモンを温存しておけば最後の最後にトゲキッスの運ゲーのせいで負けたという納得のいかない自体を避けることが出来る。

④先制技持ちで潰す

トゲキッスはステロに弱く、全ての先制攻撃技を等倍以上で通す。

また、特殊耐久に比べ物理耐久はまだましなので、ステロを数回踏ませた状態先制技を放ち、潰すことができる。

氷の礫が特に優秀。これで相手の怯みコンボに苦しむ前に倒すことが出来る。

素直に先制技を打つのもいいが、ここで礫マンムー、バレパンハッサム等有名な先制技持ちなら交代を読むチャンスが生まれる。捨ててくるかそれとも交代でトゲキッスを守りにくるか、状況に応じて読み、試合を有利に進めよう。