ハッサム対策

ハッサム 種族値:HP70  攻撃130  防御100  特攻55  特防80  素早さ65

タイプ:鋼・虫 特性:虫の知らせorテクニシャン

凶悪ポイント

ストライクにメタルコートを持たせて通信交換することで手に入る両手がハサミの真っ赤なポケモン、ハッサム。
このポケモンはプラチナ発売により、一気に凶悪さが増加した。
そもそもこのポケモンは並以上の物理耐久、130という高い攻撃、虫・鋼という弱点が1つしかないタイプ構成等でもとから凶悪だった。
しかしプラチナ発売によりバレットパンチが登場してしまい、一気に凶悪さがまし、厨ポケと呼ばれるほどパワーアップした。
タイプ一致で威力60、特性テクニシャンで威力90。これだけなら全然構わないのだがバレットパンチは先制攻撃技なのである。
これを攻撃種族値130が放ってくるのだからひとたまりもない。しかも後だし範囲が広いため何度も出てくる。
ハッサムがいる限り耐久が低い素早さ命のアタッカーはずいぶん縛られてしまう。しかも馬鹿力まで習得してしまうというおまけ付き。
これにより鋼狩りで有名なジバコイルでも狩り切れずに倒れてしまう。
文章だけでは伝わらないかもしれないが実際相手にしてみると本当に凶悪なポケモンである。電光石化しかなかったDP時代が懐かしい。

というわけで対策必須といえるハッサム。どうやって対策すればいいか考えてみよう。

①耐性を盾にハッサムを流す。

対策といえるかは分からないが基本はこれである。いくら凶悪ポケモンハッサムでも苦手なものはある。
ウインディなら威嚇も入り非常に安全に流すことができる。
他にもギャラドス、ロトム、マタドガス等も安全に出すことができる。
後だしした後に交代読み技を放てばハッサムには損害が行かないにしても相手のハッサム以外の手持ちに打撃を与えられる。
ただ、これだけではハッサムが流れるだけでハッサムを倒すことができない。
最終的にハッサムを潰すにはこのハッサムに相性のいいポケモンたちを残しておかなければならず、相手もこのポケモン達を潰しに来るため、100%ハッサムを潰すことができるとは言い難い。しかし、流すということは対戦の基本である。ハッサム1匹流せるだけで大分違ってくる。

②ソーナンスで強制的に縛る。

バレットパンチを呼んでソーナンスを出し、アンコールでバレットパンチしか出せなくし、味方に交代する。
うまくやればそれを機転に暴走できる。
また、ソーナンスの交代先をジバコイルにすれば馬鹿力で突破されたり蜻蛉返りで逃げられることなく確実にしとめられる。
ただ、ハッサムが素早さ振りだったりバレットパンチじゃなくて蜻蛉返りを撃たれたりされたら笑えない結果になってしまう。

③誘って潰す。

ハッサムが後だししやすいエスパー、ゴースト、草等にめざめるパワー炎を持たせる。
特攻が高いポケモンならステロ込みで1発で落とせる。
フーディン等でハッサムを誘ってめざめるパワーで潰せると快感である。
ただ、これにも多少欠点がある。まず1つ目に、オッカの実持ちの場合実に悲しい結果になってしまう。
さらに相手がハッサムに交代しなかった場合、めざめるパワー持ちであることが相手にばれてしまい、相手も迂闊に出してこなくなる。
そしてめざめるパワー炎を使う場合最速にできない。そのためハッサムに強くなる代わりに他のポケモンに弱くなってしまう場合がある。
まあ同速対決に確実に負ける程度の損害ですむのだが。
確実にハッサムにめざめるパワーを当てるために、相手が確実に流れるような状況で身代わりを張るといい。
例えばこちらがフーディン、相手が体力余りあるマタドガスの場合、ほぼ確実に相手は交代する。
その時に身代わりを張り、相手がハッサムを出したことを確認してめざめるパワーで潰すと確実。