フライゴン育成論

フライゴン タイプ:地面・ドラゴン

種族値 HP80 攻撃100 防御80 特攻80 特防80 素早さ100 合計520

特性:浮遊 タマゴグループ:虫

簡単な説明

ナックラーが予想できない進化を遂げたポケモン。
同タイプにガブリアスという強力なライバルがいて、ほぼ全ての能力が劣っている。
その為差別化は必須だが、幸いにも蜻蛉帰り、特性浮遊等差別化は簡単に可能となっている。
もちろん耐久も火力もガブリアスの方が上だが、浮遊によって地面技を読んで出すことができ、交代読み蜻蛉帰りによって相手の交代先を見て有利な手持ちを出すことができる。
この蜻蛉帰りの有無は大きな差であり、積極的に場に出してうまく使いたいところ。
また、ガブリアスと違って物理と特殊が読みにくいのも大きな特徴。これも利用できる。

お勧め:6VS6戦

地震

物理型のウエポン。とても安定している。

逆鱗

タイプ一致で威力180の大技。スカーフ型でガブリアスと同じように使える。

大地の力、竜の波動

特殊技のウエポン。

蜻蛉帰り

とても重要な技。スカーフ型でもこれでかなり差別化できる。

流星群

タイプ一致で威力210。物理型での物理受け突破用に。

大文字

鋼突破用。物理特殊どちらにも入れやすい。

雷パンチ、ストーンエッジ

対飛行用。雷パンチはギャラドスへ。

電光石火

これも差別化技。ただ技スペース的にきつい場合も。

ギガドレイン

ほぼラグラージ、ヌオー、ピンポイント技。

道具

命の玉

二刀流型で。

拘りスカーフ

序盤は蜻蛉帰りで苦手な敵をおびき出し、それを倒した後にスカーフを使って暴れる。

ヤチェの実

氷技対策。

基本型・備考

地震 流星群 蜻蛉帰り 何か

こちらは二刀流型。性格は無邪気。努力値は攻撃(特攻)・素早さ252HP6が基本。
物理受け、特殊受けどちらが来てもかく乱できる。蜻蛉帰りで交代もスムーズに行える。

流星群 蜻蛉帰り 何か 何か

こちらは特殊型。性格は臆病。努力値は特攻・素早さ252HP6が基本。

流星群→蜻蛉帰りがとても有効。

地震 逆鱗 蜻蛉帰り 何か

こちらはスカーフ型。性格は陽気。努力値は攻撃・素早さ252HP6が基本。
最初に蜻蛉帰りで苦手なポケモンをおびき出し、終盤はスカーフ逆鱗で暴れる。