【聖闘士星矢 冥王ハーデス編】第一話「新たなる聖戦の始まり」【ネタバレ感想】

「新たなる」ってことは、新たじゃない聖戦は243年前のってことですね?
覚えてる人、二名ほどしかおりませんが。

冒頭は、涙を流す女神像・・・

旧作からの映像技術の進化は・・・女神像をゴツくした?(私には、以前よりゴツくなった気がします)

最初の最初から像が写るのは、やっぱり伏線ですよね。
でもコレ見ている人って、大抵の人は結末を知ってるよなぁ・・・と思っていました。
六巻を見るまでは!

この話は、先に二巻を見てしまっていたので、どーせサガ出ないしなーと思って、途中まではぼんやーりと見てました。

老師の見張りの意味って結局何なんだろうとか、市はいいキャラしてるよなぁとか、音を立てて流れる星はかっこいいなぁとか、白羊宮は何気にホコリがひどいんじゃないか(風が吹いたとき、砂が舞っていた)とか、デスマスクの扱いが雑っぽいなぁとか、アフロディーテの唇の色、あれはひどすぎるだろーとか、その程度。

話も原作どおりだし・・・シオンの「跪け」その他諸々のお言葉については、ここで私が言うまでも無いでしょう・・・とぼーっとしていた、が!

いきなり目が覚めた!それは!

星矢「ハーデスって誰だよ!」

さぁ皆さん、ご一緒に・・・

何いっ!!!!

そこから話を始めるのか!?

聖戦の対戦相手も知らないって、お前は、

誰と戦うために聖闘士になったんだ!!!???

あ、そうか・・・彼はアテナ(×女神 ○沙織)を守る聖闘士だから、別に敵は誰でもいいのね・・・

ていうか、魔鈴さん、そのくらいのことは教えましょうよ!!!

あぁ、目が覚めた・・・。

ふと思いましたが、もしここで氷河か一輝が来ていたら、デスもアフロもその二人とは面識が無いんですよね。
どうなっていたんでしょう。

いきなり一輝が来るってのは、まずありえませんが。

そしてムウが涼しい顔で、星矢の衝撃の質問に対し延々と説明。

例によって、人が話してる間には邪魔は入らない。

星矢は、そうだったのか!これまでの戦いは前哨戦か!と即効で理解。

あれだけボロボロになって戦ったのが、前哨戦と知っても、何のショックも無いんですね・・・

若いって、素直・・・あぁ、なんか涙が出そう・・・

(でも、ムウの「従わなければ死あるのみ」には素直に従えませんでした。)

さて、いくら例によって、とは言っても・・・この二人が話している間・・・邪魔どころか・・・

おーい他の人たちー!どこ行った~?

と思ったら、

デス「やかましー!」

で、、やっと出てきました。

でも、おーい!あと二人ー!どこにいる~?(※その後しばらくどこにもいなかった)

で、星矢のクロス装着。めっちゃ派手でした。

なのに、装着後がボロイ。やや拍子抜け。

星矢とデスのやり取りですが・・・(ごく一部のみを抜粋)

デス「余計な邪魔をしくさったと思ったら今度は泣き言か!」(ちょっと同感)

星矢「本当のカニみたいに泡吹くまで…」

デス「このクソガキ!」

本当に、冗談抜きで、中学生のケンカレベルでした。

(でもデスは23歳?)

そしてやっとここで、後ろの魚と大羊の消息が判明しました。
後ろで黙って大人しく見ていたらしい。

そんな中学生のケンカを止めに入るべく、ムウが先生のように割り込み。

「星矢、安らかに眠りなさい、いいですね」

間違い、止めとめじゃなくて、止めとどめに入りました。

(ちなみにこの時の星矢の座り方が可愛らしかったです)

いつも通り、「沙織さぁぁーん」で消えてしまいました。

呼応して、アテナ神殿

沙織が、今星矢の小宇宙を感じたような…と気づきました。

それは問題じゃない。問題は、

「星矢たちには聖域に近づいてならぬと触れを…」

すみません、そのお触れ、どこに出したんですか?

見事に誰にも伝わってませんよ?

伝わってるのは

「星矢たちが聖域に来たら、殺してでも中には入れるな。追い返せ。(脚色)」

だけで、しかもリアには伝わってるのか微妙・・・

とりあえず、肝心の、近づくな、が伝わってない、のに、やって来たら殺されそうになるなんて・・・

青銅に同情。

でも頑張れ、世界は君たちにかかってる!!(はず)