ポケモンの「4倍弱点」について解説

4倍弱点とは?

弱点とは、あるタイプの攻撃わざに「こうかがばつぐん」のタイプを意味する。

そして、あるタイプの攻撃わざに「こうかがばつぐん」のタイプが2つあるポケモンを4倍弱点という。

2倍×2倍で4倍ということ。

4倍弱点の代表的なポケモンといえばカイリューでしょうか。

カイリューはドラゴン・ひこうタイプなのだが、その両方ともがこおりタイプのわざ(「れいとうビーム」など)に弱い。

つまり、カイリューはこおりタイプのわざに4倍弱点のポケモンである。

4倍弱点の種類

どのタイプとどのタイプの組み合わせが4倍弱点になるかを思い浮かべるのは難しいかもしれないが、
攻撃わざのタイプは1つしかないので、それに弱いタイプ同士の組み合わせが4倍弱点になる。

わざのタイプ こうかがばつぐんなタイプ 組み合わせ(通り) 代表的なポケモン
理論上 実存
ノーマル 0 0
かくとう ノーマル・いわ・はがね・こおり・あく 10 2 ニューラ、バンギラス
ひこう かくとう・むし・くさ 3 2 パラセクト、ヘラクロス
どく くさ 0 0 (赤緑青ピ版でのパラセクト)
じめん どく・いわ・はがね・ほのお・でんき 10 2 マグカルゴ、レアコイル
いわ ひこう・むし・ほのお・こおり 6 3 ストライク、ファイヤー、フリーザー、リザードン
むし くさ・エスパー・あく 3 1 ナッシー、(赤緑青ピ版でのフシギバナ)
ゴースト ゴースト・エスパー 1 0
はがね いわ・こおり 1 0
ほのお むし・はがね・くさ・こおり 6 2 ハッサム、パラセクト、フォレトス
みず じめん・いわ・ほのお 3 2 ゴローニャ、サイドン、マグカルゴ
くさ じめん・いわ・みず 3 3 オムスター、カブトプス、ゴローニャ、サイドン、ヌオー
でんき ひこう・みず 1 1 ギャラドス、マンタイン
エスパー かくとう・どく 1 0
こおり ひこう・じめん・くさ・ドラゴン 6 3 カイリュー、グライガー、ワタッコ
ドラゴン ドラゴン 0 0
あく ゴースト・エスパー 1 0
合計 55 21
重複除く 48 18

ノーマルが抜群なタイプはないので、ノーマルわざへの弱点は存在しない。

どくとドラゴンは抜群が1タイプしかないので、これらのタイプのわざに4倍弱点となるタイプもない。

最も多いのが抜群なタイプが5つあるかくとうとじめんで、4倍弱点の組み合わせは理論上10通りずつとなる。

しかし実際にはかくとう4倍弱点がニューラとバンギラス、じめん4倍弱点はコイルとレアコイル、マグカルゴだけである。

くさに4倍弱点の組み合わせは3通りであるが、その3通りすべてが実存する。

上の表で重複ができるはタイプの組み合わせは、4倍弱点が複数存在することを意味する。

理論上、7通りの組み合わせが4倍弱点を複数持つことになる。

そのなかで実存するのは、むし・くさ、いわ・ほのお、じめん・いわ、の組み合わせである。

むし・くさタイプのパラスとパラセクトは、赤緑青ピ版ではどくタイプ攻撃も4倍弱点であった。

ゴースト・エスパータイプは一見強そうにみえるが、実は4倍弱点を複数持つのである。

哀しむべき4倍弱点

4倍弱点を有するポケモンはポケモンバトルにおいて非常に厄介で、なんせ普通に受けただけでも大ダメージです。

それがタイプ一致の攻撃となると、さらに1.5倍されて6倍ダメージになるので、一撃でひんしも充分ありえます。

コイルがふといほねガラガラの「じしん」を急所で受けると、一気に7体くらいひんしになってしまいます。

しかも4倍弱点ポケモンに私が定義するところのドラゴンポケモンが多い。

カイリュー、バンギラス、リザードン、ギャラドス、サイドン、ストライク、ハッサム
いずれも4倍弱点を有しているポケモンである。

4倍弱点の強み?

マイナス面ばかり考えていては哀しいだけなので、プラス面も考えてみましょう。

タイプが2つあるということは、ばつぐんも増えるが、いまひとつも増えるということを意味します。

先のカイリューでいえば、ドラゴン・ひこうタイプなので、くさタイプの攻撃わざは1/2×1/2で1/4されることになります。

タイプが増えれば短所も増えるが長所も増えるということです。

しかしこれは別に4倍弱点ポケモンに限ったことではありません。

4倍弱点でなくてもタイプが2つあればいいことなのです。

例えばクロバットは、どく・ひこうタイプなので、くさ、むし、かくとうタイプのいずれのわざも1/4にすることができます。

しかも4倍弱点は存在しません。いいなあ。

ではなぜ4倍弱点を使うのか?

残念ながらあまりいい面がみられない4倍弱点ポケモンですが、ではなぜ私は4倍弱点を使うのか?
まず、いとおしいこと。タイプ一致弱点で一撃とはあまりにもケナゲすぎます。

次に、一撃で大ダメージなので、相手の攻撃に対してかなり神経を使うこと。常にハラハラドキドキです。

それが結局はバトルの上達につながってくると思います。

そして最後に、最初に赤太字で書いたコトバに通じてきます。これは私の信念です。

対戦でいくら強くても、あらゆるポケモンを駆使できないことにはポケモンマスターになったとはいえません。

4倍弱点が弱いのは理論上わかりますが、そのポケモンを使わなければ真の強さはわかりません。

4倍弱点だけで以下のようなメンバーを組んでみました。

55カイリュー、55バンギラス、50ナッシー、50ヌオー、50ハッサム、50ファイヤー
どれも4倍弱点ですがかぶりはありません。弱点のかぶりも最小限にとどめてあります。

結局、4倍弱点ポケモンを強くするのも弱くするのもトレーナーの腕しだいですね。

ノーマルエースが自慢のそこのあなた。4倍弱点を使ってみませんか?