あしたのジョー一覧

あしたのジョーの主な登場人物

丹下拳闘クラブ関係

矢吹丈

 

この物語の主人公(通称ジョー)

丹下段平

 

元ボクサーでジョーのボクシングの才能を見出し、ジョーのためにジムを開く

西寛一

ジョーの親友で、鑑別所で知り合う。体は大きい。最後はボクシングを辞め、林食料品店に勤める

河野

 

カルロースとショーが対戦した後に丹下拳闘クラブに入った。草拳闘のマネージャーとは関係ない。前は神奈川県の茅ヶ崎に住んでいた。

吉沢

 

カルロースとショーが対戦した後に丹下拳闘クラブに入った。頭は丸坊主。

荒川

 カルロースとショーが対戦した後に丹下拳闘クラブに入った。体つきは西寛一に似ている。

白木ジム関係

白木葉子

 

白木財閥の娘。祖父(白木幹之介)のジムを譲り受け、会長になる

白木幹之介

元ボクサーで白木財閥、白木ジムの創設者。

力石徹

ジョーと特等少年院で知り合い、最後はジョーとの公式試合の直後亡くなる。

カーロス・リベラ

 

ベネゼエラから来たボクサーで世界ランキング6位。

ハリー・ロバート

 

カーロスの腕利きのマネージャー。

ハリマオ

 

マレーシアの原住民の出身で、原住民の言葉しか解さない。非常に荒々しいボクサー。

ホセ・メンドーサ

 

メキシコ人でバンタム級世界チャンピオン。

ドヤ街関係

林紀子

林食料品店の一人娘。

太郎

 

ドヤ街のチビ連のボス。

サチ

 

チビ連の唯一の女の子

キノコ

チビ連の仲間

チュー吉

 

チビ連の仲間

トン吉

チビ連の仲間

特等少年院関係

青山

 

ひ弱な体格だが、特等少年院で丹下段平からボクシングの指導を受け強くなる。

ガイコツ

 

ジョーと特等少年院で同じ部屋の院生。親は風呂屋を経営している。何かとジョーにいやみを言う。

吉川

 

ジョーと特等少年院で同じ部屋の院生。出所した後、バンドをやるようなことを言っていた。同じ部屋からは大将と呼ばれている。

その他

ウルフ金串

アジア拳所属のバンタム級新人王だったボクサー。ジョーとの試合であごの骨が折れ、引退した。

大高会長

 

2人の世界チャンピオンが所属するアジア拳の会長。愛弟子のウルフ金串をジョーの対戦で怪我をし、引退したため、ジョーに憎しみがある。

ゴロマキの権藤

喧嘩が非常に強いヤクザ

タイガー尾崎

 

ジョーと対戦したときは、バンタム級の日本チャンピオン。

原島龍

ジョーと対戦したときは、バンタム級日本第一位。

南郷浩二

 

ジョーと対戦したときは、バンタム級日本第二位。

稲葉粂太郎

ジョーがドサまわり草拳闘に参加したときのリーダーのボクサー。元日本ミドル級3位の実力を持っていた。

金竜飛

ジョーの前の東洋チャンピオン。韓国出身。

玄曹達

金竜飛のマネージャー兼トレーナーで、元空軍大佐だった。

ピナン・サラワク

 

ジョーの初めての東洋チャンピオン防衛の挑戦者。出身はシンガポールで、ハワイでジョーと対戦する。

滝川修平

 

横倉ジムに所属し、東洋6位になったが、ハリマオの対戦で、大負けしてしまう。

キニスキー博士

ハワイ大学病院に勤める医者で、ボクサーの健康管理について研究している。ホセ・メンドーサの主治医でもある。